長年のノウハウ多数。不動産投資は安定した投資先

不動産投資のメリットは、なんといってもそのリターンの安定性とバランスの良さでしょう。もちろん、不動産は株式と違い流動性こそありませんが、売買による利益の大きさは他の投資先にはない魅力的なものです。

売買でなくとも、優良不動産ならば、利回りも5パーセントといったこともなく法定果実も十分ですから、収益も安定します。もちろん、そのような物件は投資家同士の競争も激化しますし、流動性が低く価格が高い分、投資先としてリスキーである側面もあります。しかしながら、リスクのない投資は存在しません。不動産投資には長年のリスク回避のノウハウが、いたるところに集積されています。バブル時代と違い大きな値崩れがおこることは考えにくいでしょう。

また、技術の進歩によるリスク回避も可能となりました。空室に対しては、ITを活用した低コストによる集客術が主流となっていますし、管理会社によっては空室保障もあります。老朽化に対しても、リノベーション技術の向上・低コスト化は、近年、目を見張るものがあります。国家戦略として不動産業界はIT化が推進されていますし、大手IT企業も不動産業界に次々に参入してきています。これらは、一言でいえば不動産が金になる、つまり、投資先として充分魅力的であることの裏付けです。

これまでは、不動産投資といえば東京一択でしたが、外国人観光客の増加は地方へも加速しています。民泊事業をはじめとして、例えワンルーム型マンションであっても、十分な利益確保が可能となっています。これらを総合すると、これまで積みあがってきたノウハウを活かして、安定した収益が見込める不動産投資は、他の投資先にはないメリットがたくさんあるといえます。

新着情報

2016年12月01日
ホームページを更新しました。